… Blog …

熊谷さんの時間

名古屋でライブ活動がうまく運ばず悶々としていた時期に、テレビ番組で「熊谷守一」という画家がいることを知りました。

テレビで目にしたのは山々を見渡す風景の絵で、ただただのどかな稜線のふちどりと、やわらかい緑色の山肌、それらになんともおおらかなものを感じて、もっと熊谷守一のことを知りたい、と惹きつけられずにはいられなかったのです。

熊谷さんの生い立ちを調べると岐阜の出身だということで勝手に近いものを感じ、エッセイ集「へたも絵のうち」にもわくわくして。それから程なくして岐阜県美術館での大熊谷さん展。虫や鳥や、花や猫…”その辺”にうごめいている名もなきいのちが、鮮やかな色彩で、ごくごく単純化されて、ぽん、と「あらそこにいたの」というようにちょっとドキリとするように置かれている。なんて不思議な絵なんだろう。高齢になってからは(熊谷さんは97歳まで生きました)日がな一日蟻の動きを眺めて、友人に「蟻というものは左の2番目の足から歩き出す」と語った、というエピソードに心底感動したものです。こんな時間のあり方があるんだなあ、と。そんなところから、私のアルバム「Tempo」へのひとつのヒントを得たように思うのです。

最近たまたま読んでいた、「日本野鳥の会」を創られた中西悟堂さんの本に、熊谷さんのくだりが出てきて心が躍りました。

熊谷さんに弟子入りした中西さんの知り合いのある人が、石膏像のデッサンを何百枚でもするように、と言われて自信あるものを持っていくと…
「像と、バックの壁との距離が出てはおらん。空間が描けておらんな」
「どうしたら距離なんか出るんだい」
「バカ!俺にきく奴があるかい。”空間”にきいて工夫しろ。一尺離れていたら一尺の、二尺離れていたら二尺の距離が出ぬうちは油絵などに手を出すな」

___う〜ん…道を極めた人の話というのは、何回聞いても痛快です。甘々な自分のことはさておいて。見えぬものを見ていた時代なのだろうと思います。

熊谷さん展は、東京国立近代美術館で、3月21日まで。私の熊谷さん好きを知ってくれていた友人が、展覧会のことを教えてくれたり、前売り券をくれたり。あり、蟻…ありがたい。。熊谷さんの絵に、期間中もう一度会いにいこうかな。

 

2018-02-16 | Posted in ... Blog ...Comments Closed 

 

ムリウイライブ ありがとうございました

寒い中、カフェ・ムリウイでのライブへお越しくださったみなさま、心から、ありがとうございました。直前のSNSでの告知にもかかわらず、いらして下さった方も。ほんとうに、有り難かったです。

ムリウイとはもう長いお付き合いですが、ずっと変わらないようでいて、しっかりと前に進んでいる感じが素敵だなといつも思います。最近はお芝居にも力を入れているそうで、照明が凝っていてびっくりしました。ステージ感がぐっと上がって、いい集中の中、演奏させてもらいました。

背中を押してもらう…ほどではないけれど、ぽん、と肩をたたいてグッドラックと軽くハグしてもらうような、心地よい勢いをいつもつけてもらっています。

新美さん訳詞の「Beatriz」、「日本語の歌詞があるんですね!」と最近歌うたびにいろんな方に言ってもらえます。むつかしい歌なのですが…やさしく繊細な世界観がとても素敵な歌です。この間は少しはピュアな気持ちで歌えたかな。そして今回は沢田研二さんの「我が窮状」も歌いました。憲法をないがしろにしている与党が改憲を急ごうとしているのは戦争のため?今歌わなくていつ歌う、という気持ちがこみ上げてきました。「声なき声」を少しでも。

オリジナルの「ニュースを売る人」ももっと育てていきたいな。

開演前にムリウイママの勝代さんと介護のお話し。勝代さんは義理のお父さんお母さんをずっと看ていたそう。「何をされようと何を言われようと、”ああそうですか、はいはい。”と言って流すのがええんや。相手は結局自分とはちがう人間や。自分と同じように行動してくれるなんてありえへんからなぁ」辛いと思ったことは一度もないとアハハと笑う勝代さんは会う度に、若返っていくみたいです。

 

2018-02-04 | Posted in ... Blog ...Comments Closed 

 

冬景色とブルガリアン・ヴォイス

散歩コースの神社近くの公園は白銀の世界でした。凍った川でセキレイがつるつるっとひとりスケートしていたのが可愛かったです。カモたちはもっとあたたかい所に移動したのかな?

先日、武蔵野市民文化会館でブルガリアン・ヴォイスのコンサートを聴きました。生で聴くのは3回目です。今回来日したのは「アンジェリテ」というグループ。20人の女性たちがそれぞれ色とりどりの民族衣装を身に纏って登場。ブルガリアといえば、バラも有名です。髪飾りにも花がたくさんあしらわれて、舞台上は花が咲き乱れているみたいに華やか。まさに多様性、本当に素敵です。

さて、あの独特の声の響きと旋律を、生で身に浴びることのできるしあわせ。1200人のホールで完全生音、マイクなし。CDで聴いていると時にはりつめたように聴こえる声も、柔らかく歌っているのが分かりました。時々隣の人と手をつないだり、微笑み合いながら歌う。見ているこちらもにこやかになります。指揮者のゲオルギ・ペトコフさんが指揮をとる曲もあれば、指揮をとらずに歌う歌も寸分の隙もないくらいに息が合う。そしてあの低音。コントラバスの音のようにやさしく重厚に響いてくる。どうしてあんな声が出るんだろう、本当に不思議です。

曲の豊かな表情で、言葉がわからなくても何を歌っているのかが伝わってくる。何かで読んだことがあるけれど、女性たちが畑に出て歌を聴かせると、農作物がよく育つのだそうだ。生命力に訴える周波数があるのでしょうか。人間だけど、人間の音楽じゃないみたい。自然と一体なんだ。神でもない。そこにあるのは草木や、森、川の流れや、動物や、鳥、虫たち。そして村があって、人がいる、という感じ。自然の中にぽん、とほうりこまれたようになるから、心地よく、いつまでも触れていたくなるんだなあ。

ホールを後にして、三鷹の雪を踏みしめながら帰りました。冴え冴えと星も瞬いていました。

 

2018-01-28 | Posted in ... Blog ...Comments Closed