Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/gkandd/www/tokiwa/new1/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 825
へナート・ブラスさんのライブへ | 木下ときわ Tokiwa Kinoshita

へナート・ブラスさんのライブへ

comrenato01

14日に原宿の”mal di mare”で行われた
Renato Braz(へナート・ブラス)さんのライブへ行ってきました。
はじめて、生で、間近で聴くことができて、もうもう感激・・・・

声もギターも、母なる大地のように大きくて、あたたかいのです。
CDでずっとずっと聴いていて(当サイトの「声のひととき」の
オープニングでも毎回流したりして)、
この日、目の前でその音楽に触れて、ああ、やっぱり
想像していた通りだなあ、と思いました。

たとえば深い森の中にいる時は、
木々や大地に包まれている安心感と
自然の造形の美しさに触れる感動と同時に、
五感が自然と研ぎ澄まされて、
ここで滑ったら危ないぞとか、ひょっとしたら
得体の知れない虫が出てくるかもしれない、みたいな
危険を予知する感覚(それはある意味集中力だと思うのですが)も
知らず知らずのうちに駆使しはじめるものだと思います。

そんな森の中にいるような自然体の集中力を
彼の音楽が引き出してくれて、
美しい120分休憩なしのライブを
心地良く楽しむことが出来たんだと思います。
そういうふうに届けてくれる彼の懐の深さ、
集中力の揺るぎなさをずっとCDで想像していたのです。

今、私の鋭意製作中のアルバム
「ライブ・イン・エカテリンブルグ」を
CD-Rではありますがお渡ししました(写真で、へナートさんに
持っていただいているのがそれです)。
へナートさんのお仲間の、Mario Gilさんの曲を
日本語にして歌っている曲があって(「夏の祭りの夜」)、
そのお話をしたらへナートさんがマリオさんにスカイプで電話!
マリオさんとも初めて電話でお話してしまいました
(心臓がとび出るかと思うほどビックリしたぁ〜)。

へナートさんはライブの中盤「ブラジルよりももっとはるかに
歴史のある国の曲をやります」と言って演奏したのが
わが国日本の童謡「ふるさと」でした。
他にも「七つの子」や「ゆりかごの歌」を
日本語で歌ってくれました。こんなに美しい曲だったなんて!
その歌心の清らかさに・・・涙がこみあげてきました。

会場の”mal di mare”さんも決して広くはないですが
とても落ち着ける隠れ家のようなお店。
本当に素晴らしい夜でした。
声をかけてくださったAparecidaのWilleさんにも感謝です。

 

 


2013-06-16 | Posted in ... Blog ...Comments Closed